30秒のドリンク抽出でコミュニケーションが活性化させるマースドリンクスの魅力

 

コミュニケーションの活性化はオフィスにも重要なトピック

仕事を快適に進めていくためにも、効率的に仕事をこなしていくためにも、働きやすく居心地のいいオフィスのほうが嬉しいと感じる社員は多いもの。働きやすいオフィスを作るために、福利厚生を含め、さまざまな制度や雰囲気作りを行っている会社も多いでしょう。

コクヨファニチャーが20代の若手社員に対して行った「オフィスのモチベーションアップに関する調査(2010年)」によると、オフィス環境によってモチベーションが上がった男女は、69.0%にも及びます。反対に、オフィス環境によって仕事のモチベーションが下がったことがあると回答した人は、82.6%もいたのです。

さらに、オフィス環境に対して不満があると、転職まで考えるという意見も、20%近くにも達するという結果に。このことからも、オフィス環境は、人材の獲得やモチベーション管理のためにも、重要なものなのです。

それでは、オフィス作りにおいて大切にしなければならないポイントは何でしょうか?それはコミュニケーションだと考える方も多いはずです。活発なコミュニケーションにより協業を生み出し、知的創造性を高められれば、社員も会社もイキイキとすることができるようになるため。この点を重視してオフィスを考えることが大切でしょう。

オフィス環境の整備で考えたいのは?

それでは、具体的にオフィスについて考えてみましょう。働きやすいオフィスとして環境を整えるとしたら、どのようなアイデアが浮かびますか?パーティションや飲食スペースはどのような取り方をするのか、リフレッシュエリアも必要ではないかと考える方も多いでしょう。確かにレイアウトやスペースの配置によって、社員が話しやすい空間を作ることはオフィス環境を考える上で大切です。

しかし、それだけでコミュニケーションは活性化されるとは限りません。オフィスのスペースによっては、ベストな配置ができない可能性もあります。オフィスのレイアウト変更は、業務上の効率化を考えたコミュニケーションが取れても、他部署間とのやりとり、社員同士の交流を促進させるための効果が現れるとは言い切れません。

何よりもコミュニケーションを取るためには、部署などの垣根を超えて、「みんなが来る。楽しめる」という環境が大切なのではないでしょうか?そうして、生まれたスペースで作られるコミュニケーションは、生の声。会社を大きくし人をつなげるものになるはずです。

いつでも自分によって最高のドリンクが飲める職場

マースドリンクスはそのようなオフィスの疑問に応えるための、キーアイテムとなるものです。なぜなら、「誰もが、いつでも自分の好きな飲み物を手軽に手にすることができる」から。

厳選された素材を使用したコーヒーはもちろん、紅茶、カプチーノやホットチョコレートなど、さまざまな種類の味が選べ、それらの味や香りが混ざることなく抽出できるのがマースドリンクスです。いつでも自分にとって最高の一杯を提供してくれるドリンクカウンターとなってくれるでしょう。

しかも、オフィスに欠かせないドリンクを短時間で抽出できる点も見逃せません。約30秒でサーブされるので、席のすぐそばにあれば忙しい時間でも気軽にドリンクを用意できるはず。いつでも気分や好みに合わせたドリンクをおいしくいただくことができるのです。

もし、あなたのオフィスにマースドリンクスが導入されれば、今まで自動販売機やコンビニへドリンクを買いに行っていた人が、マシンに自然と引き寄せられるようになります。おいしいドリンクを社内で手軽に飲めるようになるわけですから、わざわざ会社の外に買いに行く必要はありません。

そして、その場所で起きるのは、活発なコミュニケーション。さまざまな人が顔を合わせるようになり、自然と会話をすることになるもの。気付けば、そこには社員が交流とアイデアをやりとりする大切なワークプレースであると同時に、憩いの場となっているイメージをすることは難しくないことです。

あなたにとってオリジナルの一杯を作ることができ、好みの味はもちろん、気分に合わせてさまざまなドリンクを楽しむことができるのはうれしいもの。オフィスにこのようなマシンがあれば、自分好みのリフレッシュタイムが実現できるはずです。「気分によって味を変えたいが、クオリティも重視したい」。そんなビジネスパーソンのちょっとした希望を叶えるのは、自動販売機やコンビニではなく、マースドリンクスなのです。

オフィスは鬱屈とした毎日を過ごす場所ではなく、ちょっとした楽しみを与えてくれる場所、そんな空間を提供するのがマースドリンクスです。マースドリンクスで環境を変えることは、業務の活性化やリフレッシュに良い効果を与えてくれるでしょう。

マースドリンクスがどのオフィスにも最適な理由とは

ドリンクのマシンはいろいろなタイプがあり、取り入れている会社も少なくないでしょう。しかし、抽出時の音が気になってしまった、という方も少なくないはず。オフィス内では、重要な伝達事項を聞き洩らさないためにも、静かであることが求められます。

マースドリンクスは静音性の高さにも特徴を持ちます。とても静かにドリンクを抽出しますので、会議室のそばに置いてもドリンクを抽出する音が気になりません。マシンの音がうるさくて会話が途切れる心配はなく、コミュニケーションを促進させる上に、その邪魔をしないのです。