マースドリンクスはワークプレースにモチベーションと一体感を与える

 

モチベーション管理はオフィス全体の生産性や効率に影響する

オフィスのマネジメントで考えるべきこととは何でしょうか?最適な人事登用や配置、コスト配分などさまざまなものがあるでしょう。しかしすべては根底に「人が効率よく生産活動が行える」ということがあります。オフィスワーカーの生産性向上に役割を果たすものは、二つ。能力とモチベーションです。

能力とは、スキルや最適なポジションを与えることで向上できるものです。時間はかかりますが、長期間生産性の押し上げに貢献できるものです。

モチベーションは人員配置や環境の整備で向上できるものです。一度で多くの人の生産性向上ができるほか、短い期間での改善が可能です。

生産性や効率を考える上で、モチベーションは非常に重要です。能力を持った社員でもモチベーションが低いと宝の持ち腐れになるばかりか、会社は能力ある社員を失うというリスクもあります。欧米では過去から積極的にモチベーション教育が始まっていて、日本においても、多くの企業が、モチベーション向上のための取り組みを始めています。

実はモチベーションが低い!?日本のビジネスパーソンの実態と対策

モチベーションを管理する上で、指標の一つに「エンゲージメント」という言葉があります。これは、近年のアメリカで注目されているもので、社員の会社への関心や仕事に対する感情的なつながりを表すものです。エンゲージメントの高い社員はモチベーションが高く、仕事に対してエネルギッシュに取り組んでいると言えます。

日本は、先進国の中でもこの数値がとりわけ低いと言われています。しかし逆に言えば、社員のモチベーションの上げ幅が大きいということでもあるのです。それでは、具体的にどのような対策があるでしょうか?

従業員がモチベーションを上げるのに重要な事例としては、オフィスの改善があります。オフィスは毎日通い、人によっては平日には自宅よりも長くいる空間だからこそ、居心地の良さを求めたり、仕事が効率よくさばける環境が欲しかったりするのです。

コーポレートカラーを使用し、オフィスの内装を自分の会社らしい表現にすることで、自慢のオフィスにする、レイアウトを見直したりクラウド化を進めたりすることで、業務効率を上げるといった例もあります。もし、オフィスプレイスが楽しい空間であれば、社員がイキイキと働いているイメージがわきやすいでしょう。

リフレッシュスペースとコミュニケーションの活性化を図るために

また、オフィスの構築で考えたいのはパーソナルスペースやカフェスペースなどの、リフレッシュ空間についてです。

想像してみてください。長い時間一つのファイルと格闘しなくてはならないプログラマや、次々に書類を処理していかなければならない営業事務の方が、雑然としたオフィスで業務をしている状況を。こうした環境よりも、整理され集中できるよう、パーテーションを含めた配置になっている方が、圧倒的に仕事に打ち込めるはずです。快適な自分の居場所であれば、生産性も上がるでしょう。

それだけでなく、グッと集中した後はソファの置いてあるリフレッシュスペースで休憩がてらコーヒーをすすりながら、業界紙や雑誌で情報収集したり、リラックスしながら企画アイデアを仲間と話し合ったりするオフィスは、何とも活気にあふれていませんか?自然と人が集まるような空間は、自然と会話が生まれ、ミーティングが始まったりするものです。

とはいえ、現在のオフィスでそこまでを実現するのは正直難しいでしょう。コストや計画性を考えながら、実現できるものはないものか?と悩んでしまうのも無理はありません。そこで考えたいのが、リフレッシュできるひと時を作るコーヒーマシンの導入です。

オフィススペースに活発なコミュニケーションとリフレッシュを与えるマースドリンクス

オフィスにはすでにコーヒーマシンがある、というケースも多いはずです。しかし、あってもコミュニケーションが発生していない、活性化につながっていない、と感じるのであれば、それはマシンのクオリティに関係があるのかもしれません。マシンの内容によっては、同じ人が毎日同じ時間にコーヒーを飲みにくる、という状態になってしまうもの。それではバラエティが生まれません。

何十年もの間、美味しいドリンクを提供し続けるために努力をしてきたマースドリンクスは、より多様なニーズに応えることができ、オフィス内の誰もが享受できるものです。さまざまな目標や思いが交差するワークプレース。そこで働く人たちの、さまざまな「ひととき」に添ったサービスを提供しているのがマースドリンクスです。

あなたのオフィスにマースドリンクスがあれば、部署間の活発なコミュニケーションが促進され、生産性の向上、助け合い、シェアなどが生まれるとともに、ホッとする幸福感を与え、エンゲージメントの向上にもつながるでしょう。