香りの効果で業務効率アップ?
福利厚生で考えたい会社と社員の利益の共存

 

社員が業務効率で求めるのはリラックスできる空間

転職人気企業で上位にあるGoogle。世界中に63ヵ所以上のオフィス、2万人以上のスタッフを抱えると言われるIT企業最前線の企業です。経営陣は業界でも有数のテクノロジープロフェッショナルで構成されていると言われています。
Googleが転職企業において人気なのは、知名度や業績もありますが、特に魅力的なポイントとして、リフレッシュスペースの充実が挙げられます。そんなGoogleのリフレッシュ空間、リラックススペースにはどういったものがあるのでしょうか?

コーヒータイムを味わえるのは「LUXE Bar」。本物のカフェでコーヒーを飲んでいるような雰囲気があります。デザインもおしゃれで女性好みの開放感抜群です。社員食堂は、3食無料。それも魅力ですが、特筆すべきは日本料理店のようなお座敷があること。さらに社員でにぎわう卓球台やビリヤード台など、企業内にこのようなものがあるのか、と思わせるスペースがあり、自由に使えるのです。
そういったスペースが持つ魅力は、社員誰もがリラックスした時間を過ごせるということ。自由で楽しそうな雰囲気のオフィスを実現しているのが、Googleの素晴らしさの一つと言えます。

福利厚生は、社員が入社を決める際の重要なポイントです。その中でも、リラックスできる環境、リフレッシュできる空間があることが、有能な社員獲得のキーワードになるに違いありません。さらに、リフレッシュスペースの確保や個人の空間がきちんと確保されていることは、ストレスの削減といった点でもポイントになります。

香りの効果に注目!アロマを使ったオフィスも登場している

オフィスでのリラックスというと、クッション性に富んだイスや適当なスペースの確保、リフレッシュルームや休憩スペースという方向に目が行きがちですが、それだけではありません。例えば、香りには高いリラックス効果があるのです。

女性の間で人気のアロマテラピーには、美肌効果やリラックス効果があります。家での入浴や寝室でアロマを焚くことで、リラックスできるため、多くの女性が利用しています。

また、香りは体に多くの作用を与えるということが、化学的にも実証されています。集中力を高める、作業効率を上げる、ストレスを軽減する、といった多くの効果があると言われているのです。このような効果を期待し、アロマテラピーやアロマディフューザーを使っている人は数多くいます。

そういった中、香りの効果を社員のリフレッシュに活かしている企業も出ています。オンキヨー・PCカスタマーセンターのコールセンターでは、心地よいアロマの香りが漂います。これは、オペレーターがリラックスして仕事に臨むことができるようにという想いが込められた施策です。
また、株式会社フロンティアコンサルティングでは、来社した人や従業員がホッとする空間を作りたいと、オリジナルアロマを導入。清潔感のある、安心した空間を作っています。

コーヒーにはかくれた香りの効果がある

アロマの香りにはさまざまな効果があると分かっていても、香りには好みがありますし、オフィスに香りを嫌味のない形で広げるには、それなりの設備投資も必要になるでしょう。そこでオススメなのがコーヒーの香りです。
コーヒーであれば、デスク周りの狭い範囲に香りが届く上に、飲む人は集中力を上げたり、眠気覚ましにしたりしたいと考えるものです。実は、香りにもそれを促進する効果があることが、研究で分かっているのです。

コーヒーの香りが持つ効果の一つが、リラックス効果です。コーヒーの香りをかぐと、α波が現れることが研究でも分かっています。また、コーヒーの香りには、脳の働きを活性化させ、情報処理のスピードを高める効果があるという研究結果もあるのです。
さらに、コーヒーを淹れるために短時間でも机から離れるということも、一種のリフレッシュになります。これが、ストレス解消に一定の効果をもたらすそうです。体を動かすきっかけに、筋肉がほぐれ血行がよくなるというメリットもあります。

香りは抽出した直後が一番強い!マースドリンクスのコーヒーマシンを導入しよう

コーヒーの香りは、豆を挽いたときに強く放たれるものですが、抽出したときにも広がるものです。できるだけ、淹れ立てを飲むのが、香りを楽しみながらコーヒーを嗜むコツです。「FLAVOR」は、風味や趣、味を意味する単語ですが、マースドリンクスの旧名称である「フラビア」には、この言葉が含まれています。
マースドリンクスのフレッシュリリース抽出システムは、アロマを封じ込めて抽出することが可能であり、おいしさを高めた極上の1杯を毎回味わうことが可能です。香ばしく味わい高いコーヒーがいつでも、手軽にオフィスで飲めるというのは、社員にとってうれしいものでしょう。
リラックスはもちろん、業務効率もあわせて期待できるのがコーヒーです。オフィスを活性化するとともに、コミュニケーションや助け合いを生み、生産性の向上を見込むことができるでしょう。社員にとっても会社にとっても有益な福利厚生設備になるはず。ぜひ、導入を検討してみてはいかがでしょうか?